ケアプラン

指定居宅介護支援事業所 ケアプランルーム タカギカフェ

  • 介護保険に関する相談を受けます。
  • 「要介護(要支援)の認定」・更新の申請の代行をいたします。
  • ケアプラン(居宅サービス計画書)の作成
  • 介護保険制度の各種サービス利用についての相談・調整
  • ご利用者の経過観察とケアプランの見直し

要介護認定を受けられた方のケアプラン作成費用は、介護保険制度
から全額保険給付され、ご利用者の自己負担はありません。

指定居宅介護支援事業所 ケアプランルーム タカギカフェ

               場所 水戸市谷田町109- 2
               電話  029- 357 -0972

介護保険の利用者やご家族の身体状況や精神心理状況にも配慮し、安心して生活を営まれるよう継続的なケアプランを行います。
   

ケアプランルーム タカギカフェのケアマネジャーは

当ルームは、介護保険サービスを必要とする高齢者とその家族に「話しやすい」「相談しやすい」「依頼しやすい」、ご利用者の立場になって考え、ケアプランの作成、介護サービス事業者の選定・手配・調整などのコーディネートを行います。

  • 利用者ご本人や御家族の話をよくお聞きします。
  • 必要な介護情報を、いつでもお伝えします。
  • 自治体の介護保険外の福祉サービスやNPO・ボランティア等の情報もご案内します。
  • 広くいろいろな事業所のサービスを組み合わせて情報提供いたします。
  • 日常生活上の不安なことや心配ごとの相談にもおこたえします。
  • デイサービス等の見学や、福祉用具導入時にも同行いたします。

ケアプラン(居宅サービス計画書)とは

ケアプラン(居宅サービス計画書)の目的は、利用者の現在の生活状況と環境をふまえ、利用者が望むこうありたい生活こうなりたい生活をしていくための日常の暮らしの計画書になります。

その日常の暮らしを、利用者本人やその家族と、現在どのように考えていて、これからのありたい暮らしは何か、それにはどんな点を改善すればよいのかご一緒に考えます。

不安や心配なくこれからの暮らしに困らないために、今取り組んだほうがよい暮らしの支援は何かをご一緒に考えてゆきます。

利用者がこうありたいと思う生活ができるよう、当ルームの介護支援専門員(ケアマネージャー)は持てる知識・情報を使って支援します。

ケアプランは変化対応します。

 
身体の状態がおなじようでも、家族構成も環境も似通っていても、その人にあった最適のプランとは、そのほとが何を望んでいるか、どうありたいか(目標)によって異なってきます。そしてその人が望むこうなりたい、こうありたいものは時間と環境で変化していきます。

利用者の希望、要望、意欲、意向に沿って時間の継続変化も考慮し「利用者の今もつ能力で自立生活」を実行するために継続変化に対応しケアプランを作成してゆきます。